一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


ここ2〜3日、璃緒がコマンドをスルーしようとしています。
おもちゃ遊びでの「もってこい」も、手の届かない範囲で止まる!!

7ヶ月になって、反抗期に入ったみたいです。

「オスワリ」と言えば座らなかったり伏せちゃったり、「ハウス」と言っても入り口で止まっちゃったり。



試されてます、私(笑)



ここんとこ、室内でのトレーニングはノーリードで行ってましたが、5分位リード付きできっちりさせる時間を作るようにしました。
残念、私はそんなに甘くないよ! 



群馬行った時のロングリード絡まりすぎな璃緒(笑)
なぜそんな普通にしてられるのか。



写真とは全然関係無い話ですが、先日分離不安うんぬんの日記を書いて、それから璃緒といる時間の長さと濃さをできる限り増やし、待ての練習を繰り返してきたんですが、昨日数回のお留守番をかなり静かにこなす事ができました!!

すごい、まさかこんなに効果あるとは…。

犬に会ったり知ってる人に会ったりすると相変わらずやかんですが、それでも名前を呼ぶとアイコンタクトが頻繁にできるようになってきました。

もう思わず涙が出る、ほんとに。

今までどれだけこの子は不安を抱えていたんだろう…。
気付いてあげられなくて本当にごめんね、駄目な飼い主でごめんね。
私だけが辛いような気持ちになっていた時期もあったけど、本当は璃緒の方がずっと不安だったんだと思うとやりきれない気持ちになります。

まだまだ練習はたくさん必要だけど、良いところはどんどん伸ばして、たくさん色んな経験をさせて、璃緒と一緒に私も成長していけたら良いと思います。


璃緒と暮らし始めてもうすぐ5ヶ月。
これといって問題の無い子ですが、ただひとつだけ困ったちゃんなところがあります。

それは分離不安。

基本的に犬を分離不安に育てない為のありとあらゆる方法を導入して様子を見て来ましたが、一向に直る気配どころが日に日にひどくなる始末。

これは…ちょっと異常じゃないか?と思っていたんですが、とある本屋でみかけた本の中に、「分離不安度チェック」というのがあったので、やってみました。
飼い主バージョン10問、犬バージョン10問のチェックです。

まずは飼い主バージョン。

0点…診断:あなたは充分に犬離れができています。このままの態度で飼い犬に接するようにしましょう!

うーん、そうなのか? 
まあ確かになによりも人間の予定優先の我が家ですから。
やっぱりどんなに可愛くても犬は犬だからねー。

そんな事を思いながら犬バージョン開始。

あれ?
あれれれ?
みんなチェック付くんですけど…。

結果
9点…診断:あなたの犬はかなり酷い分離不安を抱えている可能性が高いです。すぐに分離不安の治療を得意とする獣医師に相談する事をオススメします。

orz

やっぱり!!
というより獣医師に相談するほどだったのか。

うすうす気付いてはいたものの、薬物療法も視野に入れなければならない程とは。

結果を見て感じたのは、完全に私と璃緒の状態がかみ合っていなかったんだ、という事。
この5ヶ月、私の扱い方によって余計に璃緒を不安にしてしまっていたんだ、という事。
正直、こういう犬を扱った事が無かったので、世間一般に言われている「犬を自立させる扱い方」をしてきましたが、璃緒にはそれではいけなかったんですね。

ここまでの犬になると、恐らく専門家の手を借りなければ直らないというのが通説で、犬のしつけ、行動学の本を見ても、具体的な方法はほとんど手に入らない。
特にここまで難しくなってくると、マニュアル的な治療法というのは無く、その子とその家庭にあった方法を模索するのが普通になってくるんだと思います。

ふと思い当たったのが、犬と同じように社会性のある生き物である人間の赤ちゃんにも、分離不安てあるよなー、という事。
そこで、カウンセラーをしている友人に、人間の乳幼児の分離不安とはどういうもので、その場合どういう風に対応していくのかという事を聞いてみる事に。
聞いてみると、分離不安から情緒不安定になってしまった子の行動と、璃緒の行動が酷似している点がたくさん出てきました。

聞けば聞くほど、「犬のお留守番しつけ」よりもそちらの対応をする方が璃緒には良さそうだなーという事が解ってきました。
人間の治療そのままというのはちょっと違うので、それを犬に置き換えて模索します。

まずは私と璃緒の間の絆をもっともっと深めて、自分には頼れるリーダー(人の場合は母親)がいるんだという事を教える事。
これは犬との暮らしでは普通の事なんですが、心が健全な子よりもたくさんたくさん手をかけてあげないとダメなようです。
今まで「ちょっと過剰かな」と思っていたスキンシップや関わり方でも璃緒の心をはぐくむ上では不足していたようなので、けじめはそのままに、時間と内容をもっと充実させる事。

そしてそれと同時にちょっとずつ始めている服従訓練がきちんとこなせるように練習をして、集中力と我慢の強化をする事。

そして、徐々に離れる事に慣らしていくという事。

まだこういった対応を始めて何日も経ちませんが、トイレシートを持ってくる練習を始めたのもこういう背景があったからで、とにかく1日のうちで必ず褒められ、一緒に作業をできる時間を増やすという目的があっての事でした。
飲み込みが今までのどんなしつけより早かったのを見ると、間違ってなかったかな?という気がしています。
まだまだ解りませんけどね。


母ともじっくりこの件に関しては話をし、一応は同じ方向性で取り組む事ができそうです。
私にも良い経験になりそうだな〜。
1年後、数年後、笑ってこの記事を読む事ができたら良いなと思います。
こういう問題を持っている子の方が正直可愛いですしね♪

 
先代のなっちゃんにもやってもらっていたお手伝い、トイレシートを持ってくるというのを璃緒も覚えました!



まだ今はシートを咥えさせてやらないといけないんですが、もうちょっと練習すればシート置き場から持って来てくれるようになるはず。

実は練習始めたの一昨日なんですが、本日3回目にしてさくっと覚えましたね♪

やれば出来る子なんだ!璃緒は!



璃緒も生後6ヶ月になり、そろそろ本格的に服従訓練を入れようかな、と考え始めている時期です。

これまではパピー時期という事で、オスワリ、フセ、とご飯の時のマテ、散歩の時にリードを引っ張らない…程度の事しか教えていません。
とにかく身体を触ったり、よその人に可愛がってもらったり、情緒面での発育に重点を置いて育ててきました。
おかげでトリミングの時などは、台の上でじっと立っている事もできるので、正直お客さんの犬達に比べても一番楽にお手入れができます。
今は本業ではないとはいえ、トリマーの家に来た以上、そこは出来て当たり前なところなんですけどね(笑)

元々持って生まれた気質もあるんでしょうが、とにかく璃緒は明るすぎる程明るい性格で、物怖じせず、攻撃的ではないものの、決して負けないところのある犬です。
他の犬に対しても、とにかく遊んでもらおうと相手が歯を剥いていようが吠えかかってこようが勢い良く行ってしまうので、かなりヒヤッとさせられる事もあります。
で、それがしつこいのでかなりの確率で嫌がられます;

そろそろ色々な事が理解できる月齢なので、まずは伏せて待つ事を徐々に長い時間できるようにしながら、抑制を強化していく事にしました。
誘惑があってもその場に留まる我慢を覚えてもらおうと思います。

とにかく何かあった時に、足止めが効くというのはとても大きいので、前の子もその辺は徹底的に教えました。
ただ前の子に比べて圧倒的に璃緒は我慢の利かない性格なので、時間はかかりそうな気がします。


そして来週あたりに去勢手術です。やっとだー
その時にヘソも一緒に縫ってもらいます。
璃緒はヘソが閉じてなくて、ヘルニアにはなっていないものの、腹膜に穴が開いてるんですね。
ヘルニアになってしまってからでは遅いし大変なので、麻酔をかけるついでに縫ってもらう事になってます。
なので通常の去勢よりちょっと気を使わないといけないかな。
傷も2箇所になる訳だしね。
手術に関しては、先々代の犬からもうかれこれ20年以上お世話になっている病院なので、全く心配してないですが。

13日には地元のランの登録&利用説明会があるので、それも行って、傷が治ったら晴れてランデビューです。
少しは犬つきあいを学びなさい!というところですね。
リード付きでよその子に会うのと、ノーリードで会うのではやっぱり全く状況が違ってきますからね。

これから先まだまだ20年近く璃緒との生活が続きます。
もっとたくさん色んなところに連れて行ってあげたいし、楽しく暮らしていきたいので、1歳までの時期は特に大切にしていきたいと思います。
私もまだまだ勉強が必要だな〜

090815_1557~01.jpg
ほんとは作ろうと思ってたけど、そんな時間的ゆとりも無く、結局買って来た。

写真は待ての練習中。

JUGEMテーマ:ミニチュアシュナウザー



璃緒のしつけにハルティを使い始めました。
引っ張り癖よりも、散歩中こちらに注目する事を覚えさせる目的で。

ブーちゃんのしつけ時に使ってみて、すごく効果があったので、璃緒にも使ってみたわけですが、強制的に顔をこちらに向けても、目だけですれ違いわんこを追うという技を早々に身に付けています;

それでも首輪よりはこちらに注意を向けられるので良いな。

去勢手術が済むまで、ひとりでのトレーニング強化です。
待てがほとんどできないのでそこを重点的に。

当の本犬は、構ってもらえてすこぶる嬉しい様子ですよ(笑)

JUGEMテーマ:ミニチュアシュナウザー

生後4ヶ月半を過ぎた璃緒のしつけに、若干育児ノイローゼ入ってました。
何でいう事聞かないの!?どうしてうまくできないの!?みたいな。
ほんとにね、犬好きと言ってるくせに楽しくないの。
義務のように毎日の世話をこなす感じ。



正直これは良くない!



実は先週一度それが爆発しまして、冷静になった後、このままじゃまずい、となりまして。

璃緒がいきなりなっちゃんみたいになる訳無いじゃないか。
なっちゃんだっていい子になるのにどれだけかかったと思ってるんだ。

反省しきり。



問題は私の性格なんだよね。
ほんと自分を差し置いて犬に完璧を求めすぎる。 まだ子犬なのに。
そもそもあれだけ切望していた犬との暮らしを楽しめないなんて、犬と暮らす資格は無い。
そんなんだから余計璃緒は付いて来ないんだよ。
そんなただ威張り散らすだけのボスなんていらないんだよ。



そんな事をつらつら考え夜中に一人泣き。



で、心を入れ替え(いい年なので、そんな簡単に入れ替えられる程生易しくは無いですが)、璃緒との接し方を少しずつ変えるようにしました。
どこをどういう風にっていうのは具体的に文章にするのが難しいんだけど、こちらの心構えっていうか…いや、そんな偉そうな事でもなく…。



そして数日。
なんか目に見えて璃緒が良い子になってきました^^
なんかもうね、全て私に問題があったんだよねっていうのが如実に出ていてすごいお恥ずかしい限りだけど、良い経験だし書いておこうと。
自分への戒めです、ほんと。
駄目な飼い主でごめんね。



ナツとの経験がほとんど役に立たない理由は、持って生まれた気質の大きな違いも影響していて、犬と接するのにそれは当たり前な事で、それは頭では分かっていた(つもりだった)けど行動に移せていなくて、結果璃緒を困惑させてしまっていました。

ものすごく簡単な言い方をすれば、ナツは割と独立心旺盛な性格の持ち主だったのと、半分でもシェパが入ってたからか、訓練マニュアルみたいなやり方がとても功を奏しました。
ナツは単純だったから(笑)、人に褒めてもらえる、おいしい物がもらえる、となればとにかく要求に応えようとする姿勢が小さい頃から自然に出来上がっていたところがあるし、退屈が極限に嫌いだったので、新しい事に対するわくわく感が強くて強くて常に「次は何??」「今度は何するの??」みたいなハングリーなところが物を教えるのにすごく役に立ったんですよね。
それでもまあ色々問題はあった訳で、訓練士さんに相談に乗ってもらったりっていうのはあったけど。

根本的に甘えたな璃緒はそのやり方では賞を賞として認識しないんですよね。満足しない。
まずは思いっきり甘えたい要求を満たした上じゃないと、何かを覚えるゆとりが生まれない子なんですよね。
物覚えは良い子なのに、あやうくそこを私が潰してしまうところでした。
またその甘えさせるのと甘やかすのを一歩履き違えると諸刃の刃なので、そこを今後家族に理解してもらうのが非常に骨折りなんですけども;



色々ぐちゃぐちゃ考え込んでしまう飼い主なんですけど、ここでちょびっとは成長できたかな…?という感じです。
トリミングや病院の治療補助でその時だけ大人しくしててもらうのと、日常のしつけは正直全く別物なので、まだまだ勉強不足ですが、今のうちに気付けて良かったかな。



そんなこんなで璃緒君、お散歩時のリーダーウォークがだいぶ出来るようになってきました。
ちゃんと頭を上げて歩けるし。
ウォーキングの人に挨拶しまくる癖もだいぶ治まって、がん見するだけ(笑)で、追わなくなってきた。
話しかけられたりするとまだ舞い上がっちゃいますが。
犬とすれ違う時も、お座りで待つ事ができるように。鼻鳴きはするけど。
接し方ひとつでこんなにも変わるもんなんだな…と、改めて痛感しています。


090703_0528~01.jpg
うちではお散歩前に自宅で排泄をさせ、外では極力マーキングなどをさせないようにしています。
特に小さい方。

犬達にもまあ色々言い分はあるでしょうが、市街地に来てしまったのを宿命と思っていただく。

やっぱりね、植え込みとかにかけたら枯れちゃうし、昨今では電柱が倒れる原因が犬のオシッコによる腐蝕じゃないかなんていう説もあり、それもあながち無いとも言い切れませんので。

で、前の子達も、玄関脇でしてからお散歩に行くようにしていたんですが、璃緒も同じ所を使うようになりました。
ただ、下が土で、日当たりもあまり良くないので、雨の後とか非常に乾きが悪い。
特に璃緒は汚れてしまうので、先日ウッドチップを敷きました。
ドッグランなどでも使われるだけの事もあって、ちょっと位濡れてても足は汚れない!!
オシッコする場所なので、雑草はほとんど出ませんが、ただ土がむき出しより見栄えもいいしね。



今朝は雨も降ってなくて、地面もアスファルト部分は乾いていたので、公園の外を一周してきました。
中のジョギングコースはおそらくグチャグチャだろうから、公園内には入らず。

明日はトリミングするよ〜


ぼちぼち関東も梅雨入りしそうですが、今日は天気が良かったので、私の気分転換も兼ねて夕方璃緒のお散歩に行ってきました。
朝早くは行ってるけど、夕方通りに出るのは初めて。

人通りも車も多いので、璃緒はもうプチパニック(笑)
どこを見たら良いのか、って感じでした。
でもね、合間合間に声をかけるとちゃんと注目できるのでよしとします。

こうやって色々な事に慣らしていかないとね。

そしてここ2〜3日、うれションするようになってちょっと困ってます。
まあ成長につれて治まると思うけど、朝サークルから出すタイミングとか、ちょっと変えて、嬉しい事を予測できないようにしてみようかなと思います。

3ヶ月半になって、結構言う事聞けるようになってきたなーって感じです。
一番最初の条件付けに、ひと口大のごほうびを使っていたんですが、どうもそれをすると余計興奮しすぎてダメなので、おやつを使うのをやめて言葉と表情(と、場合によって撫でるなど)で褒めるだけにして1週間位でめきめき反応が良くなりました。
月齢的にもコマンドと動作が一致できるようになってきたってのもあると思います。
おやつはものすごく稀に降って来る神様からの贈り物になりました(笑)

これから4〜5ヶ月で反抗期とかありそうだなー、璃緒は;

梅雨が明ける頃には、市内のドッグランの利用登録をしようと思います。
夏場はなかなか行かれないだろうけどね、暑いから。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

応援よろしく!



りんこが主宰しています。
執筆者総勢23名の犬猫漫画本です!
プロ作家さん、訓練士さん、ブリーダーさんが集まってくれました!
売上から東日本大震災の被災動物達を保護する団体への支援金を送ります。
応援よろしくお願いします!

ABOUT THIS BLOG

このブログは、Rinkoが共に暮らす犬猫達との日常を記録しているものです。

※記事内容に全く関係の無いコメント、トラックバックは容赦なく削除させていただきますのでご了承下さい。
トラックバックは管理人の承認制です。
また、記事の内容に則していても、宣伝と思われるコメントも削除対象とさせていただきますのでご遠慮下さいませ。

★ランキング参加中★
ぽちっと応援よろしくね♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 猫ブログへ

しゅなしゅなクラブ

スターシュナーズ

★お世話になっています★
Doggy Labo

★恵摩出身の保護団体★
ドッグレスキュー

ブクログ

いくつになったの?

script*KT*

りんこのにちじょう

※画像クリックでアメブロに飛びます





Archive

Recommend

Recommend

Recommend

ネコジルシのネコ写 ザベスト 面白くて可愛いニャンコ大集合!
ネコジルシのネコ写 ザベスト 面白くて可愛いニャンコ大集合! (JUGEMレビュー »)
ネコジルシ
ジャンル分けアイコン風カット描かせていただいてます

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • K9ゲーム東地区大会 その2
    rinko
  • K9ゲーム東地区大会 その2
    Tomonori
  • お花見♪
    Rinko
  • お花見♪
    bkwwt
  • 抜歯完了
    Rinko
  • 抜歯完了
    メルママ
  • 3歳になりました
    Rinko
  • 3歳になりました
    bkwwt
  • うとうと
    Rinko
  • うとうと
    bkwwt

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM